借入れ住宅

借入れ住宅

住宅を購入したり新築や増築を行う際には、多額の費用を必要とします。そのため、これらの場合には住宅ローンを利用するという選択が想定されます。借入れ住宅を購入する際には、まず、住宅ローンを取り扱っている金融機関を調べてその内容から契約を検討することになります。具体的な内容としては、金利の額・返済方法・返済期間・その他のシステム等、様々な面で自分のライフスタイルに合ったサービスを選ぶ必要があります。金利のタイプは、主に固定金利型・固定金利期間選択型・変動金利型の3つに分けることができます。いずれもメリットとデメリットがあるので、その内容をよく理解して自分にはどのタイプが適しているのかということを熟考して決定することが大事です。


 借入れ住宅のための融資を行う金融機関は、大きく2つに分けられます。財形住宅融資や自治体融資等の「公的住宅ローン」と銀行・保険会社・農協・住宅ローン専門会社等の「民間住宅ローン」です。また、その他として、社内融資や公務員共済といったものを利用することもできます。公的住宅ローンに関しては利用に際して金利面で有利となりますが、借入限度額が存在するなどの制限が設けられています。民間住宅ローンに関しては借入限度額が高く設定されている代わりに、融資のための審査が厳しいなどの条件があります。事前に毎月の返済額のシュミレーションを行ったり、借入れ可能額のシュミレーションを行うことで、自分に合った借入れのタイプを知ることが可能となります。